もし設計の道に進んでいたなら・・・

私がもし、設計という道を
進んでいたなら、必ずしたであろうことが、

「図面のオープンソース化」です。

図面に値段をつけて売る。もしくは無料で公開。
なおかつ、購入者による改変も認め、
クレジット表示をしてもらう。

ということを行っていたと思います。

「住宅の図面をオープンソース化する」
という動きは、以前もブログで
取り上げたことがあります。

⇒ http://dtoac.com/blog/20130530/1468

設計事務所が汗をかいて、
必死で作り上げた図面も、

同業の設計事務所や、工務店、ハウスメーカーなどに、
そして不動産屋などに、いとも簡単にパクられます(泣)

とはいえ、取り締まっても切りがないので、

図面には価値を持たせない、
上記のような方法を考えていたと思います。

強いて加えるなら、
ビッグな賞は取れそうにないですし、
狙いもしなさそうなので(苦笑)

ジャンルは変わりますが、
音楽業界でも同じようなことをして、
海外まで進出した方がいます。

GARI(ガリ)というミュージシャンです。

BSで放送されている某建築番組の
テーマ曲にも使われています。

正直な話、日本では売れてないのに、、
ヨーロッパ、特にフランスでは人気で、

フランスで開催された
「JAPAN EXPO 2007」に
招待されていたりします。

以前、ヴォーカルのYOW-ROWさんと、
お話する機会があったのですが、
その時、彼が言ってたのが、

「今までのやり方にとらわれず、youtubeで楽曲を無料配信していたら、フランスから声が掛かった。」

普通にCD作って、販売してという、
今までのやり方だと、
海外からのオファーはなかったと思います。

とにかく自分たちを知ってもらうために、
無料でもいいから配信し、
認知してもらうことに力を注いでいたようです。

いい音楽を作っているという
自負があったからこその行動ですね。

この方法の考え方は、
若手の建築事務所にも使えますよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem