見込み客がいるのに、なぜ契約にならないのか?

見込み客が離れる瞬間って、
わかりにくいですよね。

いくらホームページをよく見てくれても、
見学会でアンケートを書いてくれていても、

「売り込まれるのは嫌い!」
「何通もDMが来るのはうざい。」
「無料情報だけ欲しいので、有料のお知らせはパス!」

という方もたくさんいらっしゃいますし、
それが普通ですから、これは当然の結果です。

メルマガだって、

わざわざ登録してくれたとしても、
後に解除されることだってあります。

1日に複数回送ったり、
告知や売り込みが強いと、
解除されやすくなります。

それで、よく相談を受けるのが、

————————————————–
「井内さん、メルマガを始めたのですが、
解除されると凄く凹むんです。解除されない
メルマガの書き方ってありますか?」
————————————————–

という相談内容です。

メルマガの場合、「解除」という反応が
目に見えるため、結構、心に響いてきます。

特に、メルマガを始めた当初の頃は、
読者数も少ないですし、少しでも解除があると、

「う~ん・・・何か変なことを書いたかな・・・」

と不安になってしまいます。

私も最初の頃はそうでした。

気持ちは本当によく分かります。
毎日読者数をチェックして、
読者の増減に一喜一憂していました。

で、結論から言うと、

「解除を防止するのは無理。」

ということなんです。

でも続けてみて、よくわかったのが、
読者が増えてくると、
必ず、一定数の方は解除します。

これはメルマガに限らず、

見込み客が増えてくると、
必ず、一定数は離れていきます。

だから、前述のように

「解除されないメルマガの
書き方ってありますか?」

とアドバイスを求められたら、

————————————————–
「解除を恐れないでください。むしろ、
解除されるようなメルマガを書いてください。」
————————————————–

と言っています。

「えっ!?」と思った方もいるかも分かりません。

でも、実際、そうなんです。

DMにしろ、チラシにしろ、
ブログにしろ、メルマガにしろ、

あなたの個性を打ち出して、
メッセージ強い情報を発信してみてください。

そうすると、それを嫌がる人がいて、
離れていく人が増えます。

ですが・・・

逆に、「共感できる!」「興味深い!」と
思ってくれる人が現れてきます。

そうしてそういう人達が、あなたが
発信している情報に興味を持ち、

資料請求したり、依頼してくれたりするのです。

一番良くないのは、
「個性のない無難な情報」です。

解除や離れていく方は
少なくなるかもしれませんが、

読んでもらえず、受け取ってもらえず、
共感も生まれません。

ファンも増えず、ただ、「なんとなく」
という読者がいるだけ・・・・。

以前は面白かったのに・・・
文章綺麗だけど、内容がつまらない・・・

そんな「死んだ情報」に
ならないようにしてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem