なぜ住宅の最新技術は普及しないのか?

「ENEX2014 第38回地球環境とエネルギーの調和展」に行ってきました。

外会場の離れには、エネマネハウス2014ということで、

leaflet_thumb

経済産業省資源エネルギー庁の事業の一環として、大学と企業の連携により、
“2030年の家”をテーマに、“エネルギー”、“ライフ”、“アジア”の3つのコンセプトの下、先進的な技術や新たな住まい方を提案するモデルハウスが5棟、展示されています。

IMG_2122 (1) IMG_2122 (2) IMG_2122 (3) IMG_2122 (4)

「平成25 年度住宅・ビルの革新的省エネ技術導入促進事業」の一環として、
先進的な技術をいち早く市場に展開すべく、先端的な技術を取り込んだ
ゼロ・エネルギー・ハウスの実証および展示です。

技術は先進的でしたよ。

  • 慶應義塾大学
  • 芝浦工業大学
  • 千葉大学
  • 東京大学
  • 早稲田大学

住宅の最新技術の最大課題は普及させること

いつものことなのですが、こういった住宅の最新技術の課題は、頭の良い方たちばかりで考えるためか、金額が高くついてしまったり、技術的にハイレベルだったり、手間が多くかかってしまったりと、一番数が多いとされている1500万~2000万円未満の一般的な住宅に、普及していかないんですよね。長期優良住宅がいい例かもしれません。

もちろん、最新技術の追及はしていかなければいけないですが、それと同じくらい、一般層に普及させることも大事ですよね。

金持ちだけが取り入れることのできる最新技術、ハイレベルな人だけが作ることのできる最新技術では、 何も変わっていかないですしね・・・

それにしても・・・

osb合板で接着剤臭いし、シナベニヤでツンと臭いがするし、デザイン性も高いわけでもなく、壁の緑化も見せ方がひどかったですね・・・

建築レベルではあまり良いとは言えないですよ(苦笑)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem