レーモンド設計に行ってた本当の理由

先日、レーモンド設計事務所にて、
打合せをしていました。

http://dtoac.com/blog/20140201/5506

ブログには書いていませんが、実は、

レーモンド設計さんと打合せではなく、
「すまいの学校」との打合せです。

すまいの学校
http://www.housliv.org/

 

住まいの学校とは、

住まい手とつくり手のための
学び舎ということで、
2011年に発足しました。

学校長や理事などには、
巨匠ばかりで恐れ多いです(笑)

元々、立ち上げの時にも
少しお手伝いしたのですが、

今回、内容を一新して、
リニューアルするということで、
手伝ってほしいとのこと。

工務店や設計事務所向けの
イベントやセミナーに、
力を入れていたのですが、

リニューアル後は、
一般向けの内容にしていくとのこと。

おもしろいことになりそうです。

私も今は、
BtoB(工務店や設計事務所)向けの
情報を発信していますが、

一般向けに情報発信するのも
結構好きだったりします。

なにぶん、

思春期に建築家の設計した家に住み
人間性をめちゃくちゃにされた
経験を持ってます(苦笑)

住む家がどれだけ子どもの人生を
変えるものなのか、身を持って
経験してきていますので・・・

これから家を建てようとする方に、
伝えられることはあります。

営業マンみたいにセールスはしないので、
啓蒙活動に近いですね。

啓蒙活動って、
怪しそうに聞こえますが、

絞り込みをして、
ブランドを確立していくには、

結構重要だったりしますよ。

動きあり次第、
またメールしますね。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。







ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。