住宅の広告で伝えるべき臨場感!

「最初の晩餐」新聞篇 2013年

「最初の晩餐」新聞篇 2013年

味の素 AJINOMOTO 企業広告

消費者が選ぶ広告の賞「第53回 消費者のためになった広告コンクール」で
最優秀賞に当たる経済産業大臣賞しました。

最初の晩餐。

世の中の甘さや苦さを、人生で初めて知るのは、食卓でした。

甘い、酸っぱい、塩っぱい、苦い、うま味がある、粘っこい、滑らか、硬い、軟らかい・・・。
たくさんの味や食感に出会い、乗り越えることで、子どもの一生は味わい深いものになっていく。

 

タイトルや構図が、レオナルド・ダ・ビンチの「最後の晩餐」にインスパイアされています。

最後の晩餐

最後の晩餐

 

また、赤ちゃんが食事している写真がいいですね。
【柔らかい】から【苦い】という味覚を、赤ちゃんの反応した表情で表現しているのが印象的です。

 

臨場感・生活感があるからいい!

広告でよく言われている目を引く三大要素は、

  • 赤ちゃんや子ども
  • 子犬や子猫などの小動物
  • 若いお姉さん

です。
(まぁ、住宅の広告に、若いお姉さんはダメですが笑)

逆に一番ダメなのは、人気(ひとけ)のない写真です。

 

実際に自社で建てた住宅で撮影しているのに、
あまりにも人気(ひとけ)がなく、きれいすぎる写真は、
住宅チラシやホームページで、よくみかけます(苦笑)

建物を表現したがる、その気持ちはわかるのですが、
そこまで求められていない現実があります。

 

だから

臨場感を伝えましょう。

 

1 個のコメント

  • この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。







    ABOUTこの記事をかいた人

    井内智哉

    あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。