競合他社が面倒臭がってやっていないこと

広告業界で、目を引くと言われているのが、

・赤ちゃん、子ども(女の子)
・小動物(子犬や子猫など)
・若いお姉さん

です。

逆に一番ダメなのは、
人気(ひとけ)のない写真です。

実際に自社で建てた住宅で
撮影しているにもかかわらず、

あまりにも人気(ひとけ)がなく、
きれいすぎる写真を、

住宅チラシやホームページで、
よくみかけます(苦笑)

⇒ http://dtoac.com/blog/20140205/5540

ここからはブログには
書いていない続きですが、

デザイン性を売りにしているところなら、
建物だけの写真でもかまいませんが、

本気で建築を伝えようとするなら、
4×5のフィルムで撮るべきですよ。

一眼でもフィルムに比べたら歪みます。
さらにすこしザワつき感がでます。

フィルムで撮った写真は、

その瞬間が切り取られたように、
空気が止まって見えます。

それがすごく建築の力強さを
感じさせてくれます。

人メインの写真は、一眼レフで、
暮らしている様子を、

人のいない建物メインの写真は、
フィルムで、撮ることが理想です。

また、チラシなどの構成で、
写真の使い分けの理想を言えば、

私自身が経験した場合でお伝えすると、
8:2の割合が一番しっくりきていました。

人メインの写真が7~8割、
建物メインの写真が2~3割で、
構成するとバランスがいいです。

まだまだ細かいことはありますが、

どうですか?
面倒臭いでしょ。

だから、ほとんどの工務店や設計事務所は、
写真に力を入れてないんです。

引き渡し前に、何枚か撮るだけなんですよね。
または人のいない写真だけになっています。

でも、ここ数年、

写真に力を入れてきている会社は、
確実に伸びてきています。

建てる側からしたら、
イメージがわきやすい写真があるのは、
ありがたいことなんですよ。

自分達がそこに暮らしているイメージです。

しかも周りの競合他社が
面倒臭がってやっていないわけですから・・・
それは伸びますよ。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。