最近のfacebookはなぜビジネス臭いのだろうか?

雪凄いですね・・・

外に出るのが
イヤになりましたよ・・・

転ばないよう
気を付けてくださいね。

さて、本題です。

最近、facebookの若者離れが
進んでいるようです。

LINEなどの新しいツールが出てきた
というのもありますが、

一番の理由は、

40~60代という上の世代が、
使い始めたというのがあるようです。

だから、住宅業界でも
普及してきています(笑)

でも、親や上司がチェックしている中で、

自分自身の書き込みだけでなく、
誰と繋がっているかも筒抜けになるため、

嫌な思いをしながら
続けたくはないという理由から、

facebookの若者離れが進んでいるようです。

facebookの設定に詳しい人は、

非表示にしたり、投稿グループをつくって、
親や上司に見られないようにしてたりして、

続けている方もいますが、皆が
そんな感じでもないですよね。

最近、facebookの使い方として、

営業的な「いいね!」押しや、

自分が写真をアップして、そこに
関係者がコメントを残し、
にぎやかに演出するといった

口コミをしてほしいからという、
仕掛けをよくみかけます。

否定はしませんが、
ビジネス臭さがプンプンしてます(笑)

facebookそのものの機能は文明ですが、

その本質は、交流を促すための
コミュニケーションから生まれる
共感という文化だと思っています。

文化をお金に置き換えようとすると、
本質を見失って、
廃れていきやすいんですよね・・・

実際、

ビジネス的に整えられた共感よりも
プライベートで荒削りな共感の方が、

口コミは浸透しやすい気がしますよ。

例えば、

自分でfacebookにアップするより、

体験者が利害関係なしにアップしていて、
それをシェアする方が

断然、効果はあると思っています。

何を言うかより、誰が言うかですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem