なぜ池上彰さんは相手から「良い答え」をひきだせるのか? 

昨夜の午後8時頃から始まった
TOKYOMXの都知事選の選挙特番、

この選挙特番の司会者が
池上彰さんだったのですが、

池上無双炸裂です(笑)

相手が誰であろうと、まろやかな口振りで
バッサリ斬る池上さんの姿勢は、痛快です。

なかなか聞きにくい質問などを単刀直入に
まろやかな口振りでぶつけてくれます。

池上さんの質問って、

厳しい質問だけど、
答えにくい質問だけど、

いい質問が多いんですよね。

実は、

「いい答え」の裏には必ず、
「いい質問」があります。

例えば、

聞いているのに、なかなか
具体的に答えがはっきりとしない、

それは、もしかしたら、
質問の仕方が悪いのかもしれません。

質問を変えてみましょう。

質問力を上げるのに、
一番簡単なのは、質問に、

5w1hを使うことだと言われています。

・when いつ
・where どこ
・who 誰
・what 何
・why なぜ
・how どうやって

例:新居ではどんなこと(何)をしたいですか?

これは基本中の基本で、

三越、伊勢丹などの大きな百貨店だと、
バイトの方でも教えられるようです。

質問って会話を形づくる
重要な要素の一つなので、

「質問力」を高めるってことは
「会話力」を高めることにもなりますよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem