LINEで住宅の集客はできるだろうか?

LINEをご存知でしょうか?

国内3000万人以上が利用している

スマホで使う、
無料通話・メールアプリです。

実は、ここ最近、
LINEを使った集客方法が
少しづつ出てきています。

3000万人以上使っていたら、
集客のツールに使えますよね。

LINEで、お店のクーポンや告知が送れたり、
ユーザーへメッセージを一斉配信することで、
来店につなげることができる、

店舗や施設オーナー向けには
ぴったりの集客方法です。

じゃあ、住宅業界にはどうかというと・・・

まだ住宅業界には早いと思っています。

LINEの利用者は、
10代~20代前半若い人が多いです。

新築を考えている世代の利用者は
少ないはずです。

また発信する側のLINEを
扱う知識レベルの問題もあります。

でも、

迷惑メールなどもないのと、
まだ他がやっていないから、

開封率は高いですよ。

だから、

こういうことを見込んで、
実験的に使ってみるのは、
ありだと思っています。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

・見込客との連絡手段

・イベントの集客

・OB客との連絡手段として

見込み客に対しては、
個別にID交換をするなりして、
連絡を取り合えば、

打ち合わせ期間の短縮や
成約率の向上には繋がります。

ただし、「既読」表示がされるので、
返信は適速に(笑)

ただひとつ心配な点は、

mixiからtwitterへ、
twitterからフェイスブックへ、
フェイスブックからLINEへと

乗り換えている傾向があるように、

結局、便利なツールが出てくれば、
そちらに乗り換えるんですよね。

もう数年たったら、
新しいのが出てきて・・・

いずれにせよ、「伝える方法」は
時代によって変わってきます。

そして、伝える方法の構築は、
少しの時間があれば、
後からでもなんとかなります。

もちろん、

早くに取り入れた方は上手くいけば、
先行者利益を得られたりします。

まだLINEを使ったことがないかたは、
まずは個人で使ってみてはいかがでしょうか。

割と1日で覚えれますよ。

でも、伝えるべき中身である、

技術、設計、営業などの
レベルを上げるのは、

一日にして成らずです(笑)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem