営業・工務・設計も必須なスキルとは?

本日、ソチ五輪で、
スノーボードハーフパイプの

平野歩夢さん(15歳)が
見事に銀メダルを獲得しましたね。

彼は、予選1位通過時にインタビューで
「ご自身のすべりはどうでしたか?」と
聞かれた際、

「思ったよりも点数が出たので、
少し難易度を上げたら審査員は
もっと点をくれると思う」

と答えていました。

自身のすべりのことを聞かれて、
周り(審査員)にどう見られているのか
についてコメントできるなんて、

15歳とはいえ、若くして
第一線で活躍しているだけあって、

技術だけではない
プロ意識がありますよね。

実は、これってスポーツに限らず、
仕事でもあって、

成果を出す人に多いのは、少なからず
自分の仕事をよりよく見せるための

プレゼンテーションスキルを
持っていたりします。

もしかすると、

「評価」や「どう見えるか?」を
意識しているからこそ、

見につくのかもしれません。

プレゼンテーションスキルって、
住宅業界でも必須ですよ。

営業・工務・設計も
必須なスキルです。

住宅業界は他の業界に比べて

スタッフに対して、伝えることがあったり、
業者に対して、交渉したり、
施主に対して、プラン提案をしたり・・・と、

プレゼンテーションが多い業界です。

売れてる建築家は、
プレゼンスキルが半端ないです。

また、業者の交渉にしても、

使ってみてどうだとか、
今後の展望だとか、

意外とプレゼンスキルは必要とされます。
もちろん与信はとられますが(笑)

プレゼンスキルが高いと、

上手くいきそうにないことでも、
思いもよらない方法で解決できたりします。

例えば、打合せしてたら、
こんな打開策が出てきた!

・・・みたいな。

私もこんな感じでプレゼンできたらなぁと、
iPhone を発表するスティーブ・ジョブスに
見入ってましたね(笑)

⇒ http://youtu.be/L0XeQhSnkHg

参考にしてみてください。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。







ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。