新しい不動産サイトから学ぶ、住宅サイトのつくり方

昨年の秋頃、面白い不動産サイトがオープンしました。

Concent不動産

Concent不動産

Concent不動産

Concent不動産は、高円寺のWEBマガジン「Concent」から生まれた不動産屋さんです。

 

高円寺を愛するひとへ、ビビッと通電!高円寺のWEBマガジン【Concent】

高円寺を愛するひとへ、ビビッと通電!高円寺のWEBマガジン【Concent】

高円寺を愛するひとへ、ビビッと通電!高円寺のWEBマガジン【Concent】

 

高円寺という街を知り尽くしたスタッフが、
独自のネットワークで見つけたたのしい賃貸物件を、
これまた独自の視点でご紹介致してくれます。

街もお部屋の一部と捉え、おいしいシチューのお店や、
へんてこマスターのいるBARを知っている方だからこそ、
そこに住む「理由」を伝えてくれます。

 

これまでの不動産サイトに多い、

  • 写真が見にくい
  • 他と同じ物件ばかりが並ぶ
  • おしゃれじゃない

といったところにメスを入れたサイトになっています。

 

例えば、

  • 物件詳細ページには物件ごとにそれぞれの物件イメージに合ったモデルを起用。
  • 部屋探しだけでなく、モデルを見て楽しむコンテンツ。
  • 単なる物件紹介ではなく、高円寺のライフスタイルを熟知した専門のライターが実際に部屋を取材し、部屋の良いところから悪いところまで、個性豊かに解説する。

 

物件紹介もひとつひとつブログ記事になっています。

タイトルからもわかるように、ちょっとしたマガジン風に女性モデルを入れて編集され、うまく表現しています。

 

さらに、こんな宣言をしています。

  • 物件数は少なめですよ宣言
  • しつこい営業好きじゃないです宣言
  • 物件のおかしなとこ伝えたい宣言
  • 車でぐるぐるまわらない宣言
concept--e_jp_whats

 

高円寺に特化して、掲載している物件数も限られていますが、
ピンポイントで部屋を探したい人にはいいですね。

高円寺が好きで、高円寺に住んでもらって、高円寺を良くしたい。
という気持ちが伝わってきます。

「 物件を提案するのではなく、ライフスタイルを提案する」

 

「ひとつひとつの物件を魅せる記事として読ませる」

というのは住宅業界でも応用が効きます。

  • 写真を見やすくする。
  • 他と同じような住宅にしない。
  • デザイン性を高める。
  • 住宅だけでなく、住まい手のライフスタイルも見て楽しめるコンテンツにする。
  • 単なる建物の紹介ではなく、ライフスタイルを中心に、良いところから悪いところまで、個性豊かに紹介する。

 
こういったアプローチを導入することで、
「つい読んでしまう」粘着力のある良いサイトを作れますね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem