マルチデバイス&マルチスクリーンの時代

iPhone6の情報が
少しずつ出始めましたね。

2007年に、iPhoneが世に出て、
もう7年立ちますが、

その後、タブレットも出てきて、

パソコン、スマホ、タブレットと
3つも使いこなしている方も
増えてきましたね。

だから、伝える側も、

パソコン、スマホ、タブレットなど、
それぞれの端末ごとに、

最適化を考えるような施策?が、
今後の時代において重要ですね。

パソコン、スマホ、タブレットという
様々なデバイス、

同じパソコンでも閲覧する
スクリーンの大きさは様々、

間違いなくこれからは、

マルチデバイス&マルチスクリーンの時代です。

ひとつのWEBサイトで、
様々デバイス、様々なスクリーンに
対応したサイトを

「レスポンシブWebデザイン」

と呼んでいます。

例えば、NHKのスタジオパークの
WEBサイトもそれにあたりますね。

⇒ http://www.nhk.or.jp/studiopark/

わざわざ、
パソコンサイトとスマホサイトで
分けて作るわけではなく、

ひとつのサイトで対応しています。

このレスポンシブWebデザインは、

会社のオフィシャルサイトとか
ブログなどにすごく有効的です。

また、googleなどの検索にも適していて、
上位に表示されてやすくなります。

実は、

私のブログもそうです。

⇒ http://dtoac.com/

どうしてもページ数が多くなる、
住宅系のサイトには、適していますよ。

いろいろな業界のレスポンシブWebデザインを
集めたサイトを紹介しておきます。

⇒ http://responsive-jp.com/

参考にしてみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem