千葉県で木造仮設住宅施工講習を開催|新建ハウジング

chiba

千葉県内の地域建築業者でつくるちば木造建築ネットワーク(竹脇拓也会長)は、台風や大震災などで住まいを失った県民のために建設する木造応急仮設住宅の施工講習会を2月13日千葉市内で開催。地元の工務店から約20人、大工約40人が参加した。|新建ハウジング

空間をつくるチカラって大事ですね。同時にその空間をつかうチカラも身に付けさせる方法も必要。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。