建物そっくり! 欧米の都市で広がる“おしゃれ足場”|ケンプラッツ

s08

建物の柄や広告だけでなく、絵画や写真コンテストの入選作品などを足場シートに印刷すれば、屋外イベントや展覧会も開催できそうだ。こうした“おしゃれ足場”は、建設業にとって広告収入やイベント収入など、新たなビジネスチャンスも生み出すことになる。

日本の場合、足場シートへの印刷を請け負っている会社はあるが、足場シートの一部に取り付ける広告やポスターなどが多いようだ。もう少しスケールアップすることで、建設業のイメージアップや新事業開発に生かすこともできるのではないか。日本橋ダイヤビルディングのように“おしゃれ足場”を導入した事例もあるが、数はまだ少ない。日本の建設現場でも、観光都市では特に、“おしゃれ足場”の導入をもっと積極的に検討してみてはいかがだろうか。|ケンプラッツ

http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/it/column/20140214/651638/

「足場が広告になる」事例は商業施設ばかりですが、個人住宅に適用して、施主に広告費を還元するって方法はありですよ。

2 件のコメント

  • この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

    ABOUTこの記事をかいた人

    井内智哉

    あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。