ポジションと表現がズレるとダメ!

仕事が上手くいっている方に
共通しているのが、

大きく分けて、この3つのポジション
だと言われています。

1.C(コンビニエンス)・・・便利性、便宜性など
2.F(フレンドリー)・・・親近感、好感など
3.P(プロフェッショナル)・・・専門性

あなたはどれに当てはまるでしょうか?

3つ全てを満たしている方は
そういないです、、、

だからといって、どれか一つに
偏っている方も少ないですが、

なんとなく、自分はこれだな
というのがありますよね。

これ、個人だけではなく、
コンセプトにも当てはまります。

例えば、デザイン系を売りにするのでも、

プロフェッショナルでいくのか、
親近感があるフレンドリーさでいくのかによって、

カタログやホームページなどに使う、
言葉や写真なども変わってきます。

プロフェッショナルなら、
プロフェッショナルを求める方が惹かれる

言葉や写真を使わなければなりません。

フレンドリーさなら、
フレンドリーさを求める方が惹かれる

言葉や写真を使わなければなりません。

自然素材系だって同じです。

ポジションと表現がズレていると、
伝えたいこともうまく伝わらないので、
うまくいきません。

ズレがないようにしてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem