やっぱりマーケティングは大事!

住宅会社や建築設計事所における
ブランディングからプロモーション、
プロデュースの全てを学ぼう。

ということで、

「建築スーパーバイザー講座」という
興味深い講座が始まるようです。

⇒ http://dtoac.com/blog/20140305/6042

全6日・5項目の講座内容は、

第1講座:建築スーパーバイザー概論、住育概論、建築プロデュース概論
第2講座:集客プロモーション企画概論、ビジネスIT知識、WEB・SNS知識
第3講座:建築写真
第4講座:住宅建築業界における基本ブランディング概論
第5講座:WEB企画制作基礎、WEB企画制作実践

といった内容です。

つくる側を教える人はたくさんいますが、
伝える側を教える人って少ないんですよね。

まず住宅業界に精通した
「伝える人」が少ないってのも事実です。

業界に精通した伝える側の人は、
増えていってほしいですね。

ブログにも書きましたが、
伝えることの第一歩となる基本は、
「マーケティング」を知ることです。

ここがしっかりしていれば、
後々、あれこれ出てくるノウハウに
惑わされことなく、使いこなせます。

元々、建てれば売れる、
追っかければ売れるという時代があったため、

マーケティングなんて、
取り入れてこなかった業界ですからね(笑)

私自身も、設計や施工の道に進まなかったのも、
この分野が手薄だと直感的に感じたからです。

設計や施工に
進まなかった理由としては、

施工は、一般の方である施主と
多く接するわけではないですし、

若い人が、やり方の部分を
口出せるような環境ではないので…

未だにガラパゴス化しちゃていますよね。

少しづつ変わってきていますが、
まだ閉鎖的な気がします。

設計は、ちょうど建築家ブームが
始まりつつあったころでした。

でも、建築家は、名乗ればすぐなれてしまうので、
その後、数が一気に増えてしまいましたね。

その中で後から入って、
勝負しようとは思わなかったですね。

まぁ、生意気にも元々、
「勝てる場所で勝負する」という
こういった発想してたので、

マーケティングもすんなり
身につけられたのかもしれませんね。

マーケティングができる人材は、
社内や身近に一人はいた方がいいですよ。
力量に男女関係無いですし。

私がこれまでで感じたことは、

男性の方は、仕組みや大枠を作るのが得意ですが、
女性の方は、感情に訴えるのが得意ですね。

ブログの方はここまで書いていないですが、
よかったらご覧ください。

⇒ http://dtoac.com/blog/20140305/6042

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem