ライバル住宅会社との比較広告、出してみる?

ペプシVSコカコーラは、これまでにも見かけてましたが、またやってくれましたね(笑)

最近、流れているペプシのCMですが、ライバルであるコカ・コーラと比較して、「どちらが美味しいか」を表現しているものです。

thumb01

 

あくまでも、CM上の演出のようですが、
こういった「比較広告」はある一定条件を満たすと許されるようです。

公正取引委員会が公表している「比較広告に関する景品表示法上の考え方」では、

(1) 比較広告で主張する内容が客観的に実証されていること
(2) 実証されている数値や事実を正確かつ適正に引用すること
(3) 比較の方法が公正であること

という3つの要件を全て満たせば、「比較広告」は違法ではないようです。

 例えば、「A社の商品より10%安い」といったものならば、「値段」の点が事実であれば(1)と(2)は簡単にクリアできるでしょうし、後は、比較する商品の内容量、大きさなどの点で不当なものでなければ(3)もクリアできるでしょう。

また、「コカ・コーラより美味い」といった消費者の主観が入るようなものであったとしても、「100人中、60人の『美味い』という回答による」といったアンケート調査などに基づいたものであれば、(1)と(2)はクリアできるでしょうし、アンケート方法が公正であれば(3)も満たすことでしょう。

さらに、最近では、俳優の堺雅人を起用した「他社より~」という内容のソフトバンクモバイルのCMが流行っていますが、このCMも、実験や実証に基づいたものであることから、「比較広告」として許されているわけです。

なお、「比較広告は欧米ではよく行われている手法である」と説明されることがありますが、これは間違いです。確かにアメリカはかなり自由に行われているようですが、ヨーロッパ諸国では「比較広告に関する指令」などで、この種の広告は厳しく制限されているようです。
(文=山岸純/弁護士法人アヴァンセリーガルグループ執行役員、弁護士) http://biz-journal.jp/2014/03/post_4405_2.html

ということは、「A社の住宅より200万円安い」といったものならば、「値段」の点が事実であれば(1)と(2)は簡単にクリアできるでしょうし、後は、比較する住宅の仕様や大きさなどの点で不当なものでなければ(3)もクリアできるでしょう。

また、「●●工務店の家より暖かい」といった消費者の主観が入るようなものであったとしても、「100人中、60人の『暖かい』という回答による」といったアンケート調査などに基づいたものであれば、(1)と(2)はクリアできるでしょうし、アンケート方法が公正であれば(3)も満たすことでしょう。

実験や実証に基づいたものであれば、「比較広告」として許されているってことですよね。

 

住宅の比較広告は、

  • 家を建てたほうがいいと考えていて、
  • ある程度の好みが決まっていて、
  • 具体的にどこに頼めばいいかはわかっていない

という方へ向けてはオススメの広告手法ですよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem

1 個のコメント