視聴率主義だからつまらない!?

昨日、フジテレビの「全力教室」という、
番組が終わってしまいました・・・

芸能界、スポーツ界、音楽界など、
様々な分野の第一線で
活躍する方々を講師に招いて、

授業をお届けしている番組です。

ネット上では終了を、
惜しむ声が広まっているようですね。
私もその一人です。

だけど、視聴率は、
一桁台なんですよね・・・

視聴率って未だに古い考えで、
カラパゴス化してますから、

視聴者データも、
性別・年齢別・職業別程度で、

その人が何を好んでいて、
何を買って、何を読んでとか
わからないんですよね。

また、真剣に見ている人も、
流し見の人も同じ1で、
換算されてしまうんですよね。

広告主は、視聴率が高いと、
広告費を出します。

だから、テレビ側も、
視聴率アップのため、

万人受けするような番組を、
作りたがります。

この視聴率主義が、
つまらなくさせてますよね。

面白かった深夜番組が、
ゴールデンに行ったら、
つまらなくなった。

ってのも、同じことです。

住宅の集客で言うなら、

ヒーローショーとか、
福引きとか、祭り事をして、

来場者数を増やしているのと、
いっしょです。

でもこれだと、

1組辺りの本気度が
低いんですよね。

薄めてでも「100組来た!」とか
集客数を、自慢したくなる
気持ちもわかりますが(笑)

一昔前は、マンシンガン的に
無作為に打って、当たれば
儲けモンって感じでしたが、

これからは、一人一人を狙って打つ、
ライフル的な方法が望ましいです。

言い方悪いですが、

”餌を与えて、集めて、
ふるいに掛け、
一人一人狙い打つ。”

時間が掛かるかもしれませんが、

中小零細企業では、
この方法が適してますよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem