この映画、宣伝に使おう!

10代の頃、バイトでお世話になった
5歳位年上の先輩がいます。

その先輩は、昔は大阪で
映像カメラマンをしていたのですが、
何年か前に、

結婚を機に、実家の岡山に帰り、
今は林業関連の仕事をしています。

最近、その先輩のSNSのアイコンが、
「wood job」というモノに
変わってたので、

林業だから、good jobにかけて、
wood job?

なんて思ってたら、

林業関連の映画が公開するようです。

映画『WOOD JOB!(ウッジョブ)?神去なあなあ日常?』
⇒ http://dtoac.com/blog/20140325/6537

5月10日より全国のイオンシネマにて
ロードショーされる予定です。

監督は、「ウォーターボーイズ」や
「スゥイングガールズ」の、
矢口史靖監督です。

出演者も、主演はヴェネツィア国際映画祭でも最優秀新人賞をとった染谷将太をはじめ、長澤まさみ、伊藤英明がサブを固めています。

この映画で林業希望者が
増えてくれるといいですね。

・・・というより、

国産材で、
木造住宅を建ててる会社は、
もっと応援すべきなのでは?

木材ポイントとコラボしているので、

農林水産大臣も
応援しているようですし。

さらには、宣伝として
利用してみては?

家の柱や梁となる木材が、
どのようにしてつくられているのか?

どれだけ手がかかっている
材料なのか。

映画が代わりに、
伝えてくれるのです。

チケットまとめ買いして、
配るぐらいしても
100枚買っても15万円です。

まぁ、そこまでしなくても、
おススメはするべきですよ。

節が小さくて少ないきれいな材料は、
こまめに枝打ちしてくれている
おかげなわけですし、

質の高い国産材は、
林業者いなければ成り立たない
ですよね。

住宅に関連した仕事を、
一般の方に知ってもらう
いい機会だと思いますよ。

⇒ http://dtoac.com/blog/20140325/6537

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。







ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。