ゴーストは必要であり対等である。

佐村河内氏のゴーストライターの件、

なんだかいろんなところに、
飛び火しているようですね。

ちなみに、井内は、
ゴーストOKなタイプです。

ゴースト的な存在は、
いたるところにいて必要と
されていますよ。

漫画も、原作者と漫画家に
分かれてたりします。

もちろん、漫画家が
原作も担うこともあります。

画を描く漫画家の方が
フューチャーされがちで、

原作者はあまり、
取り上げられません。

有名な漫画家は、
たくさん思う浮かんでも、

有名な漫画原作者は・・・

梶原一騎、武論尊しか
浮かびませんね(苦笑)

住宅業界だって・・・

例えば、

工務店の社長が出版している本、
あれ、本人が書いてないですよ(笑)

中には、自身で描き上げる方も
いるかもしれませんが、

時間とクオリティを考えたら、
自分でコツコツ書くより、

インタビューされ、喋る言葉を、
書き上げてもらい、チェックする。

この方法の方がいいです。

この時、どれだけいいライターに
出会えるかで、出来栄えも、
変わってきますよね。

代表が設計ラフ案書いて、
それをスタッフが製図する。

これはアシスタントです。

アシスタントとゴーストは
一緒ではないですね。

ゴーストは、アシスタントというより、
パートナーに近い存在だと捉えています。

お金の払う貰うはありますが、
対等だと思っています。

このパートナー意識、

チラシなど制作物を、
外注に依頼するときに、

私自身、会社員時代から、
心掛けてきたことです。

最高のチームをつくるには、
皆が表に出ようとしたら、
まとまらないですし、

社員であれ、外注であれ、
影で支えてくれるパートナーは
大事にしたいですね。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。