チームラボが「未来の家具」を発表 – イタリアの国際デザイン見本市|マイナビ

team-lab_net

チームラボは13日まで開催している、イタリア・ミラノの国際デザイン見本市「MILANO SALONE 2014(ミラノサローネ2014)」にて、未来の家具「teamLab Digital Furniture(チームラボデジタルファニチャー)」を発表している。

家具を通じてコミュニケーション

今回発表されたのは、人々のふるまいによって変化するインタラクティブな家具。手で触れたり、動かしたり、ものを置いたりすることで、家具を通してより楽しくなったり、他の人とコミュニケーションが取れたりするという。家具がインターフェイスとして認識されることで、人々は感情を共鳴させながら空間を作れるとのこと。|マイナビ

特設WEBサイト

毎度ユニークなアイデアで楽してませてくれるチームラボが「暮らし」のジャンルに手を出してくるなら、相当面白いことになりそうです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【ブログ読者アンケートにご協力いただけると嬉しいです。】

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。