住宅のライブ感を味合わせればいい!

今や音楽業界は、CDの売上が右肩下がりで低迷を続けていますよね。イギリスのレコード販売大手・HMVも経営破綻しているように、何も施策をしなければ、潰れていきます。

音楽業界は、ビジネスモデルを考え直す分岐点が訪れているようです。

 

違法ダウンロード者を訴えず、ライブを開催

inc_fetchbanner

海外のアーティスト、世界を代表するイギリスのヘヴィメタルバンド「アイアン・メイデン」。彼らの楽曲は、世界中から違法ダウンロードされ、その対応に困っていたそうです。

そこで彼らは、違法ダウンロードした人を訴える代わりに、違法ダウンロードが最も行われていた国へ出向き、そこでライブを行うことにしたのです。

これまでネットでしか聴けなかったアイアン・メイデンが、生で見れて、生の音が聞けるということで、ファンは大喜び。ライブのチケットは売り切れ、グッズ販売などから、アイアン・メイデンは大きな収益を上げたとのことです。

その違法ダウンロードが最も多かった地域・サンパウロのショーでは、158万ユーロ(約2億2000万円)の総収益をあげているようです

海賊版などを無料でダウンロードできても、ライブの体感や、Tシャツなどのグッズなどをダウンロードすることはできません。

アイアン・メイデンは、無料ダウンロード者を訴えることなく、あえて魅了して数を増やし、収益をあげるファン層への切り替えさせることで、ツアーのチケット代やグッズ販売から減少したCDの利益を穴埋めし、成功したことを示していますね。

 

どこでクロージングするか?

上記の例は、CDでの楽曲など、コピーされてしまう「音楽」を意図的に許し(ある意味無料化ですね)、その分、自分たちの楽曲を知ってもらう見込み客を増やし、その後、コピーができない「ライブ」へと誘導し、「グッズ販売」でクロージングしています。

 

この方法は住宅業界にだって使えます。

  • グッズ販売
    ⇒ クロージングに当てはまるのは、住宅の場合、「契約」ですね。
  • 音楽
    ⇒ 自分たちのことを知ってもらうための、見込み客となるお客さんが魅力的に感じるものは何か?それを無料にして届けることができるか?
  • ライブの体感
    ⇒ モデルハウスやショールームといった、他社とは違う・他社が真似できない空間を提供できるか?

といったことになります。ライブの体感は非常に重要で、アイアン・メイデンだって、ライブが良くなければ、グッズも売れなかったことでしょう。

日本でも、PV(プロモーションビデオ)をYoutubeなどで無料公開している方が増えてきましたね。

 

続けられるなら不器用でも構わない

反対に、アンヴィルのように、不器用でありながらも、夢を諦めず30年間以上も地道に活動を続けるミュージシャンだっています。

音楽の良し悪しは甲乙つけがたいでしょうが、売れているのは確実に前者です。

良いものをつくることは「当たり前」になり、「売れる」ためには、どう伝えるか・届けるか、そして、どこでクロージング(お金を払ってもらうか)が必須になってきてますね。

もちろん、後者のように、地道にコツコツ好きなことを続けるのも、ありだとは思います。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem

1 個のコメント