「おふたりさま仕様」に特化して腕を磨いた温泉旅館

山形県米沢市にある「時の宿すみれ」という2人連れ専用の温泉宿が非常に面白いです。

www_tokinoyado_com

 1泊2食8000円だった温泉宿を2005年に改装。料金は1人2万円台になり、稼働率も大幅に向上した。キーワードは「おふたりさま限定の宿」。ニーズはあるのか。いかがわしく思われないか……。親族の心配や反対をよそに、女将(おかみ)は自らの思いを貫く。今では遠方からもリピーターが訪れる宿になった。

<中略>

2人連れのみで年齢も中学生以上に限定した結果、提供すべきサービスが絞られ、質も向上したという。子供向けの料理や接客の用意が不要になった。団体客が入ると決まればアルバイトを確保して、といった準備も要らない。

ある一定の客層に向け、特化して腕を磨く。顔や名前も覚えることができ、愛着を持って繰り返し訪れてくれる人も増えた。今は利用者の4割がリピーターだ。

日経新聞:2人連れ専用の温泉宿 客を絞り斜陽の旅館を再生

普通の格安温泉旅館を、「おふたりさま仕様」に特化して、施設やサービスも切り替えたことで、傾いていた経営が稼働率7割弱まで回復したとのこと。

「おふたりさま」といえば、夫婦や恋人。他には、友人、親子、祖父(祖母)と孫も入ってきます。

このようにターゲットを2人組に絞り込むことで、シチュエーションを把握しやすくなり、来客者のニーズにも応えやすくなり、提供できるサービスにも厚みが増しやすいのです。

しかも、10組しか泊まれないため、ガヤガヤとなることもなく、ゆったりした気分で2人の時間を楽しむことができます。

 

普通で勝負できないなら、絞り込んで質を上げる!

 

住宅業界もいっしょです。普通で勝負できなくなってきているなら、ひとつに絞り込み、特化して、その質を上げてみてください。

そうすることで、上記のように、目立ちやすくなり、口コミも起きやすくなります。

 

絞り込んでいくためには

  • 誰にどんなニーズがあるかを知る。
  • 競合他社がやっていないことを探す。
  • 自社の魅力や強みが何なのか見出す。

という過程が必要になり、

 

ターゲットを絞り込むと、

  • ターゲット客の状況を把握しやすくなり、要望に応えやすくなる。
  • お客さんに「これは自分のためのものだ」と思って選んでもらいやすい。
  • 広告・宣伝活動も内容を決めやすい。
  • ターゲット客以外の要望に応えるための準備をしなくていい。

ということが生まれます。

 

お客さんを選ばければ、お客さんから選ばれることはない

 

「絞り込み」を簡単に表すなら、「お客さんを選ぶ」ってことです。

好み、予算、家族構成、ライフスタイルなど、いろいろな視点で選ぶことができます。

 

今回の宿「時の宿すみれ」の場合は、

子供づれは相手にしない、団体は相手にしない、という戦略を決め、その戦略に従って、どういうやり方がふさわしいかという戦術を決めています。

 

誰を相手しないか、したくないかと決めることはとても大事で、お客さんを選ばければ、お客さんから選ばれることはないですよね。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem

1 個のコメント