モノはすぐにグレードアップする時代

たまに家電量販店に行くと、

「あれっ、これもう型落ち?」
と思ってしまうくらい、

顧客の購入時期に合わせて、
どんどん新商品が出てきます。

しかも、性能も値段も、
グレードアップして。

大半の方は、

新しいモノ、最新のモノに、
弱いので、

そちらに目がいってしまいます。

では、以前のモノはダメなのか?

といえば、そんなことはないですよね。
十分満足に使えます。

でも、日本のメーカーの
開発力が素晴らしいのか、

新しいモノはどんどん出てくるんです。

これ、住宅でも同じです。

断熱材も床材も、
壁材も設備機器も、

どんどん新しいモノが出てくるんです。

もし、あなたが、

カタログにこういった商品を
載せているのなら、もう古いのでは?

最初にカタログを渡す時
というのは、

まだ相手側が、
こちらをあまり知らない時が、
多いですよね。

そんな時に、

「性能がどうだ」「設備がどうだ」
と言ったところで、

お客さんの頭には入りません。

愛想で返事や頷きはあるでしょうが、
頭の中には入ってないですよ。

まず最初に知ってほしいこと、

それは、”コンセプト”です。

つまり、家づくりを行う上で、
不変的な考え方のことです。

そこが足りないから、カタログも
ページを埋めるために、

「性能がどうだ」「設備がどうだ」
という、ありふれた情報を
載せてしまうようになるのです。

性能や設備で、
「他とどう違うのか?」を
示そうとすると、

専門用語が出てきて、
内容が難しくなり、

余計に伝わりにくくなります。

圧倒的な性能や技術があるモノや、
また、衝動買いするモノであれば、

商品の素晴らしさを載せた、
商品カタログだけでも、
いいと思っていますが、

住宅の場合、

他社と比べた時、
圧倒的でもないですし、
また、衝動買いはしないので、

まずは、

コンセプトを理解してもらい、
共感・共有してもらうことです。

商品カタログより、
コンセプトカタログです。

不変的な考えであるコンセプトが
しっかりしていれば、

後々変わってしまう仕様なんて、
載せる必要がなくなってきます。

井内も昔、とある
新規事業の立ち上げの際、
最初のカタログは、

コンセプトを固めるために、
コンセプトカタログを作りました。

まずはコンセプトですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem