井内が考えた「妄想」とは?

『妄想プラン』

妄想して、勝手にプランを
つくるってことなんですが、

大事なのは、
どんな妄想をするべきか?

ってことであり、

「妄想して誰のプランをつくるか?」

ってことです。

井内の答えは、

漫画のキャラクターです。

漫画のキャラの
プランのつくってみるってことです。

漫画の間取りと言えば、
影山明仁さんが、

名作マンガの間取り
⇒ http://goo.gl/OflIc

というので公開されています。

これは、漫画に登場する
実際の間取りで、

妄想プランは、

「もし、クレヨンしんちゃんの野原家が、引っ越して●●県で新居を建てたなら・・・」
「もし、新婚ののび太くんとしずかちゃんが、●●県に新居を建てたなら・・・」
「もし、磯野家からフグ田家が核家族となり、●●県に新築を建てたなら・・・」

と、将来を妄想して、考えるプランです。

もちろん、販売したり、
イラストを使ったりするのは、
著作権違反になるでしょうが、

「こんな風に考えてみました」ってことなら、

実際、勝手に想像したリフォームプランを、
公開している方がいます。

⇒ http://allabout.co.jp/matome/cl000000000714/

30歳前後の世代は、
多感な時期に漫画を読んでいて、

少年ジャンプの
黄金世代にもかぶっていますし、

漫画から学んだことも
多々ある世代です。

漫画ってある時期で終わるんですが、

その漫画が好きな読者は、
「その後がどうなった?」
みたいなことを想像していて・・・

「スラムダンク」がいい例ですよね。

連載終了後、8年位たっても、
作者が、「あれから10日後」
を公開すると話題になりました。

だから、

同じ漫画を好きな人であれば、

たとえ初めてあった人でも、
共通の話題が生まれます。

「妄想プラン」は、

設計のチカラがないとできないので、

もし自分が設計の道に進んでいたら、
やってみたかったことです。

でも、2~3年前に、
周りの設計している人たちにすすめると、

「おもしろいね、やってみようかな」
って返事でしたが、
結局、実行していません(笑)

だから100人聞いても、
実際にやってみる人は、
一人いるかいないかです。

闇雲にプランをつくるよりも、

見込み客との間にある、
共通の人物像のプランを作るほうが、

「おもしろいなぁ」
「実際、住んでそう」

と、見込み客の興味深さは増しますよね。

この続きは明日、お届けしますね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem