架空の人物像には共感しにくい!?

前回、

漫画のキャラの新居を
妄想してプランニングする

「妄想プラン」を
オススメしました。

100人聞いたら、
99人以上は、「?」でしょう。

昔、話をしてみて、実際、

「何言ってんだ?こいつ」
「何の意味があるの?」

みたいな反応を
もらったこともあります(苦笑)

これの目的・本質は、

他人と違うやり方で、
家づくりの価値観や
考え方の共有させる

ってところにあります。

架空プランニングは、
これまでにも
方法として存在しています。

架空でプランをつくる際、
「ペルソナをつくる」ってことで、

氏名、年齢、性別、
居住地、職業、勤務先、
年収、家族構成

など、そこに住まう、
象徴的な人物像も、
作り上げようとするのですが、

これが今の時代、
そう簡単ではないんですよね。

ターゲット層を分析して、
必死で設定した人物像も、

実際の見込み客と好みや
ライフスタイルが違ったりして、
たいして共感が得られなかったり…

だったら、見込み客が知っている、
漫画のキャラを借りたらいいんですよ。

これ、大手にはできません。

大手がする場合、面目上、
「公式」を欲しがりますから、

著作者にプランを認めてもらって、
イメージもほしいから、
契約して・・・の流れになることでしょう。

でも、そこまでの必要はなくて、

あくまで、
「勝手に考えてみました。」
ってことで十分です。

ただ、私自身が
実践していないので、

結果はなんとも
言えないのですが(苦笑)

これまでのカタログや、
小冊子などに加えて、

リストを獲得する、
一つの切り口としては、
アリなのでは?

と考えています。

あくまでも、販売ではなく、
リストを獲得するため

ってことです。

なぜそこまでして、
リストを取ることが重要なのか?

次回、今話題のある人物を例に、
取り上げてみますね。

では、またメールします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem