”無印良品の家”を支えているのはムジラー

mainimage

 「無印良品の家」ネットワークを展開するMUJI HOUSE(東京都豊島区) は4月22日、5年ぶりの新商品として3階建て専用の「縦の家(たてのいえ)」を発売した。

狭小地に絞ってきましたね。

スキップフロアやラーメン構造を上手く使って、小さな空間を大きく使って、2000万円以内で住めるならよさそうですが、毎度のこと、無印の家は2000万円以上になりますね。小物は相場と比べてそんなに高くないのに、家はSE構法だから相場と比べて高いんですよね。

この次は、平屋で「横の家」でしょうか?(笑)

無印良品の家は、ジワジワときているようですが、見逃してはいけないのが、

無印良品の家は、ムジラーに支えられている。

ということ。

事業開始初年度は年間●棟なんて噂も聞いたことがあります。当初は家が売れず、飾っていた無印良品の小物が売れていったとも聞いています。まだIKEAが日本に進出する前だったかと・・・

それでも成り立っていったのは、「無印良品」というムジラーに支えられているブランドがあるからこそです。(※ムジラー=無印良品の熱狂的な信者)

新商品や新事業は、「絶対成功する」と思っていても、9割方失敗するとも言われています。それでも、残り1割で成功するのは、応援してくれるファンのチカラもあるかもしれませんね。

また、無印良品は、物から家へと発展していったため、提案している住宅は、無印良品の商品を活かすための器という捉え方なのではないでしょうか。

無印良品の家は、無印良品の商品を活かすための器

 

追伸

公式ホームページから前作の「朝の家」が消えています(笑)「木の家」や「窓の家」に比べるとひどかったですからね…無印の家プロジェクトの黒歴史ですか。

asano

 

「無印良品の家」に会いに。

「無印良品の家」に会いに。

  • 作者:原 研哉
  • 出版社:マガジンハウス
  • 発売日: 2013-02-14

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem