間仕切り壁をあれこれ作るのは止めにしよう!

スウェーデンのヴィトラ・スクールが面白い取り組みをしています。教室の間仕切りがなく、時間割もないというもの。

 

自由に遊べる空間と、自由に組み合わせられる時間割。子どもたちの「禁じられた夢」のような学校が、しかし、現実に存在する。スウェーデンのヴィトラ・スクールではいま、8,500人以上の生徒が学んでいる。

スウェーデンの、教室も時間割もない学校

その学校の哲学は、「用途が定義されていない空間で、子どもたちを自由にさせておく」というで、対象年齢は6歳から16歳までの子どもたちとのことです。

自由の中でも学校で提案される活動は、6つの約束を元に尊重されています。

  1. 彼らの生来の素質を伸ばすのに適したアプローチを見つけること。
  2. 学習に実際の体験を伴わせること。
  3. 好奇心を刺激することによって、それぞれの生徒が自分なりの学習法を用いるよう促すこと。
  4. 全ての生徒の能力を心から信じて、彼らのあらゆる質問を真剣に受け止めること。
  5. コミュニケーションを取り、常に他者を尊重して作業をすることを教えること。
  6. 早期から英語を教えて文化交流を促進することで、可能なかぎり国際的な学習の基礎を提供すること。
140417vittra01 140417vittra02

 

自由の中で考えさせて、住むチカラを付けさせる!

上記の記事は教育の話で、自分たちで考え、決めていくチカラを付けさせる内容ですが、「チカラを付けさせる」ってことは、今後住宅にも必要とされる考え方だと思っています。

間仕切り壁をあれこれ作って、部屋を区切るの簡単です。でも、それだと住まい手に「住むチカラ」が身につかないのです。

だから、あえてオープンな空間をつくり、「その中をどう使っていくか?」を、作り手と住まい手が一緒考えていく時間が必要ですね。例えば、30坪はほしいと考えていた住まい手が、住むチカラを身につけることで、27坪でも十分な暮らしができるなら、コストダウンにもなります。

作り手と住まい手が一緒考えていく時間、これこそが「家づくりの価値」だと感じています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem

1 個のコメント