夜の住宅写真を撮りたいなら必見です!

住宅の写真を
撮ったことありますか?

写真を撮る時間に、

薄暮という、日没後の雲のない
西の空に夕焼けの名残りの
「赤さ」が残る時間帯があるのですが、

この時間帯に撮れる住宅写真は、
昼間の明るい写真と違った雰囲気がでて、

広告や集客素材にも使える
見応えのある住宅写真にもなります。

ただ、その時間を読むのが
難しいんですよね・・・

少し時間がずれ込んでしまうと
真っ暗になってしまいます。

その時間をぴったり読める
カメラマンがプロ中のプロ
だと思うのですが、

多少経験値積んだだけでは、
やはり難しいです。

そのあたりの問題を
解決してくれそうなカメラがありました。

自身で写真を撮っている方には、
重宝しそうです。

続きはこちら
⇒ http://dtoac.com/blog/20140503/7110

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。







ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。