今、家づくりをするのは「当り前世代」

昔、知人からこんなことを言われたことがあります。

「家ってどこで建てても同じような気がする。」

実は、このような発言をする方が、結構増えてきました。

少し前まで、「ゆとり世代」なんて言葉が流行っていましたが、マーケティング・アナリストの三浦 展さんは、その「ゆとり世代」の前にあたる、ちょうど今の30代を「シンプル族」という風に表し、本にされていましたね。

シンプル族の反乱 三浦 展 (著)

シンプル族の反乱
三浦 展 (著)

私はこの本を読んで、『「当り前世代」の始まりだ・・・』と感じました。

30代、30歳前後の世代は、ポスト団塊ジュニアとも呼ばれ、私もそこに該当するのですが、物心ついたときには、テレビ、電話、ゲームなど、ありとあらゆるものがあり、そして、それらは時代とともに、性能や品質も上がっていきました。

そして、デザイン性も高くなっており、いまやどんなものでも、ほとんど不自由さを感じにくくなっています。さらには、育ってきた環境の中では、プリクラやインターネットなど新たな文明も生まれ、それらも急激に発展していってます。

物には不自由していなく、物も時代と共に新しくなっていく。物の性能や品質なども、ある一定に担保されている。

その感覚が当り前になっているのです。

これは、

  • 家の性能、品質は当り前
  • デザイン性が高いのも当り前

にもつながっています。

もう、耐震性、断熱性、デザイン性をうたうだけでは響かないんですね・・・当り前の感覚から、比較にならないのです。その違いを営業マンは必至に説明しますが、これが逆にこの世代にとっては、うっとおしいく感じてしまいます。

次の「ゆとり世代」にもその傾向はもちろんありますし、さらには、その次の「さとり世代」も、その「当り前」傾向はますます強くなってきます。

「さとり世代」は、1990年代半ば~2000年代初頭生まれの方を指し、例えば、車やブランド品、海外旅行に興味がなく、お金を稼ぐ意欲が低いのです。地元志向で、恋愛に淡白で、過程より結果を重視します。ネットを主な情報源としており、読書好きで、若くても物知りなのです。

まさに物に依存しない、当り前世代の象徴です。

その当り前世代も、住まいで、唯一共通して求めていることがあります。

 

暮らしにも自分らしさを求めてきている!

ニュースなどでも発表されていますが、年々、持ち家志向が低下しています。

若い世代は所得の低下もありますし、フリーランスが増えていることもあり、持ち家は、ムダな買い物だと思っている人たちも増えてきています。また大地震が予測されている地域では、二重ローンになる危険もあるため、不安な方もいるはずです。

そんな中でも確実にいる層は、「自分らしい暮らし」をしたい人たちです。

ここ数年、中古物件を買って、リノベーションしたり、賃貸物件でも自分好みにリノベーションできるところに住んだり、「自分らしい暮らし」を実現することに、必ずしも一戸建でに、こだわっていなかったりしますよね。

「自分らしい暮らし」を叶えたい気持ちは、世代関係ないようです。

でも現実は、自分ではなかなかその「自分らしさ」を発見できないものです。だから、引き出す役割を担う存在が必要なんですね。また、持ち家志向が低下していくということは、その反面、家を持ちたいという気持ちの強い人が多くなってきます。

だからこそ、これまでの営業・設計スキル以外に、施主の自分らしい暮らし方を引き出すチカラ、コミュニケーションやコーチングなどが必要になってきます。家づくりも変貌期に入ってきていますね。こういうときがチャンスです!

 

シンプル族の反乱

シンプル族の反乱

  • 作者:三浦 展
  • 出版社:ベストセラーズ
  • 発売日: 2009-07-09

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem