工務店が伝えるべき「おとなのかがく」

この5月3日よりロードショーの「おとなのかがく」がオススメです。

otona_slide_01

おとなのかがく

 

風力で動作するストランドビーストで有名なオランダのアーティスト「テオ・ヤンセン」のをご存知でしょうか?

melbourne-1-298x300

http://theojansen.net/

 

ストランドビーストとはこれです。

(DVD Theo Jansen “Strandbeest” / テオ・ヤンセン 「ストランドビースト」)

 

その鬼才による巨大オブジェのミニチュアが、以前、人気の雑誌「大人の科学マガジン」(学研教育出版)の付録になったのですが、

magaimg magaimg

 

(改造版テオ・ヤンセン Theo Jansen のミニビースト 大人の科学M Vol.30)

 

映画「おとなのかがく」は、それに至るまでの過程を追ったドキュメンタリー映画なのです。

試作屋とか中国・台湾の工場技術者とか、『たかが「ふろく」』とは言えないくらい、精巧かつ複雑な製品が「できるまで」の多くの職人魂を感じることができる映画ですよ。

 

(「おとなのかがく」 予告編)

 

工務店や設計事務所で働く方の中には、子供の頃から「ものづくりが好き」「デザインをすることが好き」で、という方もいると思います。そういった、ものづくりの気持ちをもう一度奮い立たせてくれそうです。

上映は、東京・渋谷ユーロスペースとちょっとマニアックなところですが、お時間ある時にでも観てみてください。

 

 

こどもたちに家をつくる楽しさを伝えるべき。

 

13歳のハローワーク公式サイトに人気職業ランキングがあるのですが、建築家が34位で、大工が77位です。(2014年4月1日~4月30日)

建築家は、安藤忠雄さんとか隈研吾さんとか、住宅系とは少し離れた存在が大きいと思います。

 

思ったより低くて、悲しいですよね。中には、家づくりを経ている子もいると思いますが…

 

もっと家づくりに子どもたちを巻き込むべきですよね。もしかしたら、家は誰が建てているかを知らない子もいるのではないでしょか。

家づくりを体験した子どもが、将来たとえ住宅の仕事につかなかったとしても、子どもの時の家づくりの経験が何らか影響してくれるのであれば、嬉しいものです。

 

家づくりは大人だけのものではない。

 

そこに、工務店が伝えるべき「おとなのかがく」があるのではないでしょうか。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem