世界に負けてない日本のプレハブ住宅

日本では住宅おいて、プレハブという言葉はあまり聞かなくなりましたが、海外では、一世紀も前から存在する建築工法なんですね。

住宅の部品の大部分を工場で組み立て、目的地へと出荷する。というこのプレハブ工法は、海外では建築やデザイン業界で結構熱いようですね。ドイツの出版社からは、プレハブ住宅の歴史を振り返る大判本が発売されるようです。

世界のプレハブ住宅が、情報サイトGizmodeで取り上げられていましたので、日本のプレハブ住宅と、簡単に比較してみました。

 

Kupferhaus(1929)

140504prefab2

 

Techbuilt House(1956)

140504prefab3

 

Maison “Bulle” a Six Coques(1964)

140504prefab4

 

Futuro(1968)

140504prefab5

 

Kunsthoffhaus FG2000(1970)

140504prefab6

 

Easy Domes(1992)

140504prefab7

 

WeeHouse(2003)

140504prefab8

 

Livinghome RK1(2006)

140504prefab9

 

The Loftcube(2007)

140504prefab10

歴史上のスタイリッシュなプレハブ住宅9選 gizmodo.jp

source: Taschen via Co.Design

Adam Clark Estes – Gizmodo US[原文

 

日本のプレハブ住宅も負けていない!

上記の海外のプレハブ住宅も良いですが、日本のプレハブ住宅も負けてないと思います。

おすすめ本「箱の産業」に出てくるプレハブ住宅を取り上げてみますね。

『箱の産業―プレハブ住宅技術者たちの証言』

『箱の産業―プレハブ住宅技術者たちの証言』

 

大和ハウス ミゼットハウス(1959)

ミゼットハウス

ミゼットハウス

画像:大和ハウス

 

大和ハウス ダイワハウスA型(1962)

ダイワハウスA型

ダイワハウスA型

画像:大和ハウス

 

積水ハウス 積水ハウスA型(1960)

積水ハウスA型

積水ハウスA型

画像:昭和毎日

 

積水ハウス 積水ハウスB型(1961)

sekisuib

積水ハウスB型

画像:日本のミッドセンチュリー平屋?「セキスイハウスB型」

 

パナホーム 松下1号型(1961)

松下1号型

松下1号型

画像:パナホーム

 

ミサワホーム ミサワホームフリーサイズ(1963)

ミサワホームフリーサイズ

ミサワホームフリーサイズ

画像:ミサワホーム

 

ヘーベルハウス ヘーベルハウスD・Eシリーズ(1972)

ヘーベルハウスD・Eシリーズ

ヘーベルハウスD・Eシリーズ

画像:ヘーベルハウス

 

積水化学工業 セキスイハイムM1(1971)

セキスイハイムM1

セキスイハイムM1

画像:積水ハイム

 

トヨタホーム トヨタホームJA型(1977)

トヨタホームJA型

トヨタホームJA型

画像:トヨタホーム

 

意匠の海外、性能の日本

近年の日本のプレハブ住宅は割愛しますが、時代が経つにつれて、日本は機能・性能を求め、海外は意匠性を求めている傾向がありますね。デザインは圧倒的に海外の方がいいです。

日本のプレハブ住宅で個人的に好きなのは、これです。台風で屋根が吹っ飛んだという、

ミサワホーム ホームコア(1969)

ホームコア

ホームコア

画像:ミサワホーム

 

海外では、低コストで環境にも優しい上、輸送も簡単で、家ごと新しい土地に引っ越せて便利なため、人気が高いようです。

新たなプレハブ住宅が21世紀の住まいのヒントになるかもしれませんね。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem