住宅広告を女性に作らせたら?

昨日、

—————————————————–
『どうやって女性向け住宅広告をつくるのか?』
⇒ http://dtoac.com/blog/20140511/7412
—————————————————–

という内容で、

相手が惹かれていることを知ること
=リサーチが大事

ということを、お伝えしました。

「広告を女性に作らせたら?」

という考えもあるのですが、
作っても、

「こんなの、ひっかからないよ。」

・・・って結局、
否定されるんですよ、男性に(苦笑)

たしかに、女性だけでつくると、

リスクを必要以上に避けやすいので、

不安を煽ったりすることは、少ないですし、
トゲのない広告になりやすいですね。

だからといって、

ルミネのような、
グッと共感を呼びこむコピーを、
住宅向けに書けるかというと、

そんなチカラを
持ち合わせている女性は、
そうはいません・・・

—————————————————
住宅広告のキャッチコピーはルミネに学べ!
⇒ http://dtoac.com/blog/20140420/6798
—————————————————

最善策としてやりやすいのは、

構成なども含めた、
基本的な下地は、
男性が作って、

ストーリーや表現は、
女性が仕立てれば

女性向けの広告が
作りやすくなります。

それにリサーチ内容を加えていけば、
反応も出やすくなりますよね。

まずは、手軽にイベント案内とか、
見学会の案内など、

見込み客へのDMなどで
試してみてはいかがでしょうか?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem