飽和した市場の後発組はまず絞る!

最近、

家づくり系のソーシャルサービスが
リリースされることが多いですね。

ですが、後発組であっても、
基本的な内容で
留まっているんです…

家を建てるなど、商圏が限られる
リアルなビジネスとは違い、

ネットなので商圏の境目がないことです。

ということは、

先に市場を獲得しやすい先行者が
すごく優位です。

また、先行者がリリースするは、
ベタで基本的な内容が多いので、

数件出てくれば、
事足りてしまいますし、

下手したら1サービスで、
市場を制圧することだってあります。

なのに、後発組が
似たようなサービスをリリースするのは、
残念でなりません。

——————————————-
タイル専門店なのに、なぜタイルに特化しないのか?
⇒ http://dtoac.com/blog/20140516/7548
——————————————-

ブログにも書きましたが、

タイルの上手い使い方は、まだまだ
一般の方には浸透していません。

自然素材とタイルの組み合わせや、
外壁にタイルを使った外観、
タイルと似合うインテリアなど、

建築家やセンスのいい施主から
タイル関連のアイデアを集め、

共有できるサイトにしてしまえば、
かなり内容の濃いサイトになりそうです。

それでもって、これまで行っている
タイル販売へ繋げたほうが、

関わる人皆、
いい方向へ行くと思うのですが…

これまでタイルで培ったノウハウを
上手く活かしてほしいです。

この方法って、
他の建材でも使えますよ。

畳とか、漆喰とか、DIYとか、
絞り込んで発信して行く方が、

基本的な内容ではカバーできない、

より濃いレベルの内容が
集まりやすいです。

これを、

地域の工務店や設計事務所の
分野に落とし込むなら、

その地域で建てる家だから
知っておいたほうがいいこと、
伝えなきゃいけないことなど、

地域での絞込もできますよね。

基本的な家づくりの内容も
もちろん大事ですが、

どの地域も結構同じこと
書かれてますから(笑)

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。







ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。