みかん箱、作れますか?

先日、知人から、新卒の
住宅営業マンを紹介されました。

で、そんな彼に一言、
「まず、みかん箱を作ろう。」

なぜ、そんなトンチンカンなことを
言ったかというと、

実は、自分もある会社に
入ったばかりの頃、

ある日、社長から、
こんな質問を受けたことがあります。

「井内さんは、みかん箱作れますか?」

作ったこともあるし、一応、
こう見えて大工の孫なので(笑)
「作れます。」と答えたのですが、

なんでも社長曰く、

住宅の仕事に携わるのに、
自分で物が作れない人が、
年々、増えているんだそうです。
(特に営業マンに)

案の定、新人の彼は
「作ったことがない」と・・・

確かに、時代的にも年々、

モノをつくるということを
しなくなっていますよね。

でも、ここにきて、
1~2年ぐらい前から、

手軽でおしゃれな感覚で
自分で作って、楽しみたい
という方が増えてきているのです。

しかも、比較的、女性に多く、

子どもにも体験させたい、
という方も増えてきています。

言葉も、

日曜大工という言葉ではなく、
DIYという言葉が

浸透してきていますよね。

最近では、簡易的な教材だと、
ホームセンターにも
置いてたりします。

ちいさな冊子で、
自由に持ち帰っていいっていう。

でもですね、、、

ホームセンターのその冊子、
あまり使えないらしいです。

以前、施主に言われたのが、
「肝心なところが載ってない」
「参考例が不格好」など・・・

ってことで、

結局、本を買ったり、
ネットで調べたりして、
行ったようです。

この辺りの、

”手軽におしゃれに自分で作る”
というノウハウと、

それを、練習も含め、
”試すことのできる場所”が

足りていないようですね。

なので、例えば、

工務店と、デザイン系の
設計事務所が手を組んで、

そういった場を提供するのも
面白そうです。

DIYをしたい客層って、

増えてはいるものの、
まだまだ少ないのですが、

味方になってもらうと、
色々と応援してもらえるので、
かなり強力ですよ(笑)

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。







ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。