日本では景観協定を定めた分譲地ほどダサい!?

「さいたま市」で初めて景観協定を定めた『結美の丘(ゆうびのおか)』が完成したようです。

d8306-13-396843-8

 西大宮 街育プロジェクト『結美の丘(ゆうびのおか)』は、自然や人との絆を住まい手によって育てていく街。住むことが誇りに思える「わが街」へと育て守り継ぐために、さいたま市では初の景観協定を策定しました。街は第1章~4章の4エリアからなり、自然豊かなフィールドの緑が街の中まで続く、繋がりを育んでくれる54区画のコミュニティです。
徒歩7分の西大宮駅周辺は便利なショッピング施設が揃い、今後も新たな商業施設の誘致が予定されるなど成長と発展が期待される注目エリア。「自然共生の街づくり」と「都心へのアクセスの良さ」そして「生活の利便性」が揃い、ファミリーが暮らしやすいロケーションが魅力となっています。住まい手によって街を創り上げる『結美の丘(ゆうびのおか)』に是非ご来場ください。

「さいたま市」初の景観協定を定めた自然豊かな美しい街並み 西大宮 街育プロジェクト『結美の丘(ゆうびのおか)』資料請求・来場予約 順次受付中!

 

何が原因かわかりませんが、日本では景観協定を定めているゼロから始めた分譲地ほど、何故かダサい街が多いんですよ…

デザインを街全体で考えいないというか、四角に綺麗に区画整理された土地に、同じ素材のものを同じように使えばいいという、合理的な発想が強いからでしょうか。

中身の取り組みは、コミュニティを作ったり、サポートをしたり、テーマそのものは良くても、なにぶん出来上がる住宅がダサい気がします(笑)

 

以前、上海万博前に中国に行ったことがありますが、中国の新しくできていた住宅街もそんな感じでした。 同じ素材を同じように使ったものが建ち並ぶと、チープさを感じてしまいます。

china

 

だからといって、建築家のデザインで景観を統一しようとすると、時間とお金が掛かるため、なかなか事業として成り立ちにくかったり…

バランスが難しいですね(笑)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem