どこまでプロフィールを公開すればいいの?

昨日、メルマガで、
プロフィールが見られてるという、
内容を書きましたが、

早速、質問をいただいたので、
メルマガでシェアしますね。

———————————————
Q.「プロフィールを充実させるのに、
どこまで開示すればいいの?」
———————————————

開示するしないの基準が
難しいのですが、

大事なのは、見る方が
”信頼性を持ってくれるかどうか”
です。

家を建てようと思って、ピンときた、
工務店や設計事務所を見つけて、

ホームページを訪問したり、
資料請求や問い合わせをしますが、

対応してくれるあなたのことを、
まだ何も知らないんですよ。

ここで建てたら、この人が
対応してくれるのかな?
どんな人なんだろう?

そんな不安を、実際に会うまでに
どこまで解消できるか?

そこが重要なのです。

その解消できる一つの方法として、
プロフィールが効果的ということです。

「どこまで開示すればいい?」
というよりは、

”どこまで開示すると、
信用されやすいか。”

という境目を、ご自身の中で、
見つけていくことが求められてきます。

これが井内の答えです。

■追伸

合わせて、
プロフィール写真も大事です。

公開したくないという方も
いるでしょうが、

顔が分かる写真があるとないとでは
どちらが信頼を高められるか?

その結果はわかりきってます。

写真の質も大事なので、
自撮りや証明写真は
ぜひとも避けましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem