友達をつくる住宅を提案できるか?

「自分らしく暮らす」という言葉、私も薦めていますし、業界内にもこういった言葉が少しずつ増えてきています。

pen 自分らしく暮らす家

pen 自分らしく暮らす家

「自分らしく暮らしたくない」人なんでいないでしょうから、けっして悪い言葉ではないのですが、

大半の人は、「悩み」「願望」「ジレンマ」「欲求」などが複雑に組み合わさって持っていたりします。さらに、優先順位もあるので、「自分らしく暮らしたい」と思う人はいるけども、その前に、

  • 「このお店、美味しそうだから今度食べに行きたい。」
  • 「もうすぐ連休だし、家族で旅行に行きたいな。」
  • 「もう少し、給料上がらないかな。」
  • 「花粉症なんとかならないかな。」

という、「差し迫ったニーズ」や「深刻な悩み」などといったものがあるのです。

「自分らしく暮らしたい」願望は、誰もが持っているものですが、他のニーズや悩みのほうが、重要でで差し迫っているため、優先してしまうのです。

ならば、、、

 

そのニーズや悩みを解決できる住宅を提案すればいい。

 

そのニーズや悩みの一つに、「友達がほしい」があります。

 

大人になってからの交友関係って、会社の関係、家族の都合などの理由もあり、意外と新しい友達ができにくいみたいですね。その辺り、マイナビが2014年4月15日~17日に500人を対象としたアンケート結果を公開しています。

大人になったら友達ができにくい?イマドキの社会人のトモダチ事情(マイナビ)

300x224
Q. 仕事関係以外の人で、社会人になってからできた友達はいますか?

はい………39.0%
いいえ……61.0%

さらに、同じ価値観を持った友達ということであれば、なおさら数は少ないでしょう。

 

同じ暮らしの価値観を持った友達をつくる場を提供できるか?

 

「同じ暮らしの価値観」ということは、好みのインテリアや、子育ての価値観も近かったりします。

こういった価値観が同じというのは、たとえ学生時代からの友人であっても、そうでなかったりすることもあります。

その、同じ暮らし価値観を持った集める場として適しているのが、「住宅」です。

 

必要なのは「暮らしの価値観」による絞り込みと、コミュニティですね。

  • どんな家族に集まってもらいたいか?
  • 今、ひいきにしている施主に、どんな人を紹介したいか?

こういった視点で絞り込むと、同じ暮らしの価値観を持った方が集まりやすくなりますよ。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。







ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。