広告の目的は集客だけではない。 

昨日のメルマガの

”どうやって気付いてもらうか?
どうやって見てもらうか?”

結局、ここに行きつくんだと
思っています。

⇒ http://dtoac.com/blog/20140529/7939

広告って、集客だけでなく、

何が反応取れるのか?を
テストする場でもあるわけです。

だから、費用対効果が
分かるものにしなければなりません。

どんば媒体、どんなエリア、
どんなターゲット、どんな言葉、
どんなタイミング、など…

一回一回の広告から、しっかりと
データを分析すべきです。

これが当たるってわかっていれば、
最初からそれなりの予算を
掛けてもいいですが、

不透明な場合は、まずは、
少予算でテストしていって、
反応をつかんでみてください。

ちなみに、

ブログの記事の写真は、
何年か前に撮った、
祖父の工務店の写真です。

木材だらけで、
片付いてないです(笑)

⇒ http://dtoac.com/blog/20140529/7939

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem