いい家を建てるなら、不良客を集めてはダメ!

住宅に対して、

「商品」という言葉を使うのが
あまり好きな方ではありません。

ブログやメルマガの文中などでは、
まれに使っていますが、

内容が、住宅に精通している人向け
だからということもあります。

もし、井内が一般の方向けに、
ブログやメルマガを書く場合は、

「商品」という言葉は、
まず使いません。

なぜなら、不良客を
集めたくないからです。

⇒ http://dtoac.com/blog/20140608/8256

これまで接してきた、
家を建てたいという方は、

「こういうのが良い」
「こういう雰囲気がいい」

という感覚で、
来る方がほとんどした。

決して、

「この商品がいい」という
ニュアンスでは来ないんです。

一般の方にとって住宅は、

作り手側が思っているほど、
「商品」という感覚はないと
感じています。

経験談ですが、

「商品」という目線で、
問いかけてくる方は、

同業者や、
どこで建てても同じと思っている人、
数値や性能にこだわるオタク系

の方が多かった気がします。

コンセプトにそぐわない、
不良客は相手にしない方がいいです。

不良客の定義は、
それぞれ異なるでしょうが、

「どんな顧客とどんな家づくりをしたいのか?」

コンセプトを明確に固める上でも、
この質問は鉄板ですね。

⇒ http://dtoac.com/blog/20140608/8256

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。