こだわりの住宅には”客を選ぶ”ことも必要!

今年の4月、「ラーメンの鬼」の異名を取ったラーメン店「支那そばや」創業者、佐野実さんが亡くなりました。

sano

TBSの「ガチンコ」を観てた世代なので、「ガチンコラーメン道」がとても懐かしいです。

弟子に裏切られ、病に冒され、波瀾万丈な佐野さんですが、やはりラーメンが大好きなようで、最後の言葉も「ラーメン食べたい」だったそうです。

sano (2)

そんな佐野さんのお店、「支那そばや」は、私語禁止・携帯電話禁止などの、ルールを決めていたことで有名です。

  • お喋りをする客は『塩』を頼まないでください
  • 強度の香水をつけた方の入店お断り
  • 携帯電話の店内使用禁止

その理由は、

『携帯や香水、私語、これらは全部ラーメンを邪魔するもの。だって、食べてる途中に携帯で話してたらラーメンが伸びちゃうだろ。香水もラーメンのニオイを消しちゃう。ウチはカウンター15席の小さい店だったから周りにも迷惑』

ということです。佐野さんからすれば、本当にラーメンが好きな人に、麺やスープをベストな状態で食べてほしい一心だったとのこと。

それでもルールを守らない客は、

「帰れ!!」

と一喝してきたそうです。

これが佐野氏の信念です。

「こっちは客との真剣勝負。その店の規制が嫌なら、行かなきゃいいだけ。逆に、自信がない店は、無愛想になんかできないはずだよ。 俺は、客へのお礼は味で返す!そう思って研究してきた」

これが嫌な客はもう来ないですし、これを受け止めている客はまた来ます。まさに「客を選ぶ」とはこのことですね。

住宅も同じく、こだわりの住宅には、”客を選ぶ”ことも必要です。不良客を追い払えますでしょうか?

以前の事例で取り上げましたが、経営が傾きかけたとある山形の温泉旅館も、お客さんを選ぶことで、業績が回復したそうです。

⇒ 「おふたりさま仕様」に特化して腕を磨いた温泉旅館

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem