まちは教科書!JA94号『住宅地から学ぶこと』|新建築社

新建築社と言えば、「新建築」「住宅特集」「JA」「a+u」などの、近作の日本建築を紹介する建築専門の出版社で有名です。特に『新建築』は建築家の間で最もポピュラーな雑誌ですよね。

新建築社の雑誌は建築家寄りなので、このブログではあまり紹介しないのですが、JA94号『住宅地から学ぶこと』は、工務店にとっても結構参考になるので取り上げておきます。

JA94号『住宅地から学ぶこと』では、2001年以降の『新建築』『住宅特集』に掲載された住宅作品から、住宅の外観が周辺住宅地との影響関係が見られるものが選別され、収録されています。

ja94

JA94号『住宅地から学ぶこと』|新建築社

JA94号の特集は「LEARNING FROM THE NEIGHBORHOOD 住宅地から学ぶこと」です。

日本の住宅地に何を学ぶの?学ぶことなんてあるの?と思う方もいらっしゃるかもしれません。でも、ひとつひとつの住宅が住宅地のまちなみをつくるという視点に立った時、既存のまちなみへの敬意とまちなみからの学びという姿勢は、とても重要になってくるのではないでしょうか。「まちは教科書」、そう思って住宅地を見てみると、そこにはこれまで私たちが注視してこなかった多様なデザインの手掛かりがたくさんころがっているように思えます。

今回、私たちは、その学びの方法について、建築家の手掛けた数多くの住宅の写真の中から部位の扱いや操作法にその事例を見出し、まとめるという方法をとりました。これはほんの一例ですが、本号をきっかけとして、より多くの方にまちからの学びに関心を持ってもらえたらと思っています。塚本由晴さん、乾久美子さん、吉村靖孝さん、長谷川豪さんによる書き下ろしエッセイも収録しています。合わせてお楽しみ下さい。

■目次
・エディトリアル
・住宅と住宅地
・エッセイ 建築のコモナリティ 塚本由晴
・エッセイ ふかふかした土壌としての住宅地 乾久美子
・エッセイ 非ー廃墟 劣化せざる風景からの学び 吉村靖孝
・エッセイ 住宅地のLocalとLocus 長谷川豪

JA94号『住宅地から学ぶこと』

 

日本の住宅地は興味深い

日本の住宅地は興味深いのもよくわかります。なぜなら、同じ地域に、建築家が設計した家があれば、地域の工務店が建てた家もあるし、ハウスメーカーが建てた家もあります。建売だってあります。また、新築もあれば、古い家もあるわけです。

これから建てる住宅が、既存の街並みとどう繋がるのか?どのように繋げていくのか?

地域密着を志すのであれば、心がけたい部分ですよね。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem