専用店に行ったのにダメだった…なぜ?

「絞り込む」ことの重要さは、

ブログやメルマガで、度々
取り上げていたりします。

住宅業界は成熟しているため、

家を建てる実力は均衡しており、
皆それぞれいい家をつくっています。

だから、地域No1の住宅会社が
全部の新築住宅を
持っていくことはありません。

そのため、

「他のところとどう違うの?」
といった

差別化という”絞り込み”が
必要になってきます。

でも、絞り込んでも、
こんな失態もあるんですよ。

↓ ↓ ↓ ↓

先日、知人に、
こんなことがあったようです。

つい最近、新天地に引っ越し、
子どもの長くなった髪を切りに。

子どもなので、ジッと
してないだろうからと思い、

子供専用とうたう美容院へ
行ったそうなんですが…

要望したのと全然違うし、
下手で適当だったようで、

ご立腹な様子です。

なので、

次からはそこには行かず、
普通の美容院へ行こうと
思っているとのこと。

美容院での話ですが、
住宅にもありえる話です。

「専用店だから」という
期待を裏切られた反応は
大きいですよね。

デザインをうたってても、
全然センスが良くなかったり、

主婦目線と言いながら、
家事もしたことのない人が
考えていたり…

中身の無い絞り込みは、
諸刃の剣ですよ。

「絞り込む」ことは、
あくまでも伝え方や見せ方の
テクニックなので、

やはり、うたうだけの、
しっかりとした裏付けが、
必要になってきますね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem