身近な問題に感じないと伝わらなくなっている!?

住宅とは直接は関係ないのですが、
面白いプロモーションサイトを紹介します。

もう終了していますが、

動画を観て、カレが振られた理由を
応募すると、抽選で1名に、
現金104万円が当たる
キャンペーンになっています。

⇒ http://dtoac.com/blog/20140717/9073

ものづくりの業界ほど、当然の事ながら、
ものに対する想いが強いです。

想いが強いことは
いいことだと思いますが、

一般の方には、意外と
なかなか伝わりにくいですよね。

「これを使ったほうがいい」
「使えば分かるから!」

と切り込んだところで、
「そうなんだ」程度の反応です。

やはりここは、身近な問題を
切り口として伝えるということが
求められてきます。

今回取り上げた、
プロモーションサイトもそうです。

⇒ http://dtoac.com/blog/20140717/9073

わかりにくいけど、
大事なこと・知っててほしいことは、

相手の身近な問題として、
どのようにわかりやすく伝えるか?

が大事ですね。

昔、あるハウスメーカーの元社長が、
「世の中みんな自分党」
と例えていましたが(笑)

皆、自分や自分の身の回りを
中心に優先します。

だから、自分事に感じないと、
なかなか受け止めてもらえないのです。

参考にしてみてください。

⇒ http://dtoac.com/blog/20140717/9073

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。







ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。