「カレナゼ.com」の隠れたメッセージ!専門知識を伝える切り口

自社の商品やキャンペーンの宣伝のために行うプロモーションサイトをよく見かけますよね。

 

今回紹介するのは、スポンサー名未公開の匿名キャンペーンサイト「カレナゼ.com」です。

とてもユニークな方法で、商品の重要性を伝えているので紹介します。

www_karenaze_com

スポンサーとなる企業が不明のままですが、こちらの動画を観て、カレが振られた理由を応募すると、抽選で1名に現金104万円が当たるキャンペーンになっています。(もう終了しています。)

popup_story_01

 

理由、わかりますでしょうか?

 

動画を観ると、

  • トイレから出てくるところで待っていない。
  • わざわざ髪の毛を上げたのに、おろさせている。
  • 初デートに恋人の聖地や牧場。
  • 駐車場での停め方が雑。
  • 彼女の写真ばかり撮ってる。しかも内緒で。
  • 車の運転が荒い、下手すぎる。

など、フラれる理由満載の行動なのですが、あえてここでは答えを書きません。

 

答えは下の画像をクリックしてください。公開されています。

bnr_result

答えを知ると、「なるほど」と思うか、「いやいや、納得いかない」と思うかで、分かれると思います(笑)

 

ただこの映像の答えになっている商品は、正直、この商品に関わっていない人からみると、どこの会社のモノも一緒に見えるわけです。詳しく知れば、違いがわかるんでしょうが、一般の方はそこまで知ろうとはしないものですよね。

だから、「この商品良いんだよ」「この性能がスゴイです」とセールスしたところで、「そうなんだ」程度の反応です。

 

でも、身近な問題であれば、話は別です。やはり身近な問題だと、解決しようという気が起きます。

だから、身近な問題から、商品の性能や違いを表現し、わかりやすく伝えているのです。さらにユニークさもありますよね(笑)

 

住宅もどこで建てても一緒と見られている

住宅も同じく、難しいことが多く、なかなか一般の方には伝わりにくいことばかりです。だから、似たようなモノは同じくくりにされやすくなります。

 

デザイン性も、

ある程度知識や経験がある人から見れば、微妙な違いがわかりますが、業界に関わりのない一般の方から見れば、洋風、和風、白い建物、四角い建物など、その分類はアバウトです。

自然素材も、

ある程度知識や経験がある人から見れば、同じスギ材でも産地の違いにより違いがわかりますが、業界に関わりのない一般の方から見れば、スギ材はスギ材です。ヘタしたら、木材というくくりで外国産材も国産材も一緒にされてしまいます。

 

身近な問題を切り口として伝える!

わかりにくいけど、大事なこと・知っててほしいことは、身近な問題として、どのようにわかりやすく伝えるか?が大事です。

 

地球や世界、日本という大きな問題を切り口にするより、今身近にある問題を切り口にすることで、自分事としてイメージしやすくなります。

皆、自分や自分の身の回り中心で生きてますからね(笑)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem