電力小売りの全面自由化に住宅会社も参入!

電力の自由化に伴い、住宅業界も参入していくようですね。

 

 改正電気事業法が6月11日に成立し、2016年からの家庭向けの電力小売り自由化が決まった。各住戸にスマートメーター(次世代型電力量計)の導入が進み、既存住宅でもHEMS(住宅用エネルギー管理システム)の普及が本格化しそうだ。

住宅・不動産会社や太陽光発電の施工・販売会社でも電力小売りを手掛けるために特定規模電気事業者(PPS)、いわゆる「新電力」への新規参入が急増。新たなビジネスチャンスを模索する動きが活発化している。

電力会社の切り替え検討意向。「電力が小売り自由化されたら、購入する電力会社の切り替えを検討しますか」との問いに対する回答。調査は2014年4月、全国の26~69歳の男女1500人にインターネットで実施した(資料:経済産業省)

電力会社の切り替え検討意向。「電力が小売り自由化されたら、購入する電力会社の切り替えを検討しますか」との問いに対する回答。調査は2014年4月、全国の26~69歳の男女1500人にインターネットで実施した(資料:経済産業省)

電力小売りの全面自由化が決定、住宅会社も参入|ケンプラッツ

一般家庭が電力を使うのは住宅内でのことですから、全面自由化に住宅会社も参入するのは賛成です。

1 個のコメント

  • この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

    ABOUTこの記事をかいた人

    井内智哉

    あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。