集客には”家族が住む”イメージが大事!

IKEAの戦略は、結構このブログでも取り上げていますが、

 

IKEAのPR戦略で共通しているのは、

家族が住むイメージ

を促しているということです。

 

店舗内のつくり方もそうですし、

IKEAのロシアキャンペーンでは、イラストと写真をふんだんに使い、「家族がそこに住む」ことをイメージさせようとしています。

rod-hunt-21
rod-hunt-1 rod-hunt-4 rod-hunt-6 rod-hunt-8 rod-hunt-10 rod-hunt-12 rod-hunt-16 rod-hunt-18 rod-hunt-20

IKEA Families Russian Campaign

 

家族が住むイメージを伝えられているか?

 

住宅においても集客に、カタログやWEB、チラシなどに、建物の写真をつかったり、イラストやパースを使ったり、建物の価格や仕様を表示したりしますが、

  • 写真やイラストから、家族がそこに住むイメージを伝えられているか?
  • 住宅の価格から、家族がそこに住むイメージを伝えられているか?
  • 住宅の仕様から、家族がそこに住むイメージを伝えられているか?
  • 住宅の間取りから、家族がそこに住むイメージを伝えられているか?
  • 使う言葉から、家族がそこに住むイメージを伝えられているか?

など、こういう結びつけ方ができることが必要です。しかも、それがリアルで具体的であるほど、魅力的になります。

 

ただ写真を使えばいい、ただ価格を載せればいい、ただ間取りを載せればいい・・・こんなことをやっていたら、いつまでたっても上手くいかないですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem