今話題のLINE使った詐欺メールが来ました!

「手伝ってもらってもいいですか?」

ついに来ました(笑)
今話題のLINE使った詐欺メール。

事前の情報で詐欺の手口だと、
知ってたというのもあるので、

もちろん、引っ掛かってません。

気付いたのが夜で、
半日ほど放置しており、

深夜に返信しましたが、
返事が返ってきませんでした。

・・・残念。やりとりを
ネタにしようと思ってたのに(笑)

(乗っ取られた方も、乗っ取りに気付いて、すでに対策したようです。)

ネットが普及してから、

出会い系や投資なども含め、
こういった迷惑詐欺メールは、
ずっとありますねよ。

この辺の文章を読んでいて
いつも思うのが、

無作為に送っているがゆえに、
”「誰」に伝えたいのか”が
欠けてる文章が多いんですよね。

それでも欲望が先行して、
騙されちゃう人もいるみたいですが(笑)

住宅の場合、

欲望が先行するなんて
まずありえないです。

ということは、
文章で惹きつけようとするなら、

まず、「誰」に伝えたいのかを
決める必要があります。

⇒ http://dtoac.com/blog/20140807/9476

”一記事ごと、たった1人の特定の人に向けて書く。”

これをするだけでも、
書く内容がずいぶんと濃くなります

さらに、その一人が、
より具体的だと効果的なので、

例えば、

今日は、今打ち合わせ中のAさんに向けて。
今日は、引き渡し間近のBさんに向けて。

という風に、

今接している人を元にしていくと、
「誰」が具体的になりやすいですよね。

⇒ http://dtoac.com/blog/20140807/9476

ブログにかぎらず、文章を使う、
メルマガ、チラシ、カタログ、DMなどの、
集客ツールに応用できますので、

ぜひ試してみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem