日本の片付け術は世界で通用する!

日本の狭い土地において、

”30坪必要だと思い込んでたところを、27坪でも十分に暮らすことができる”

そんな暮らし方が実現できるなら、
かなり重宝します。

それには、設計力も必要でしょうが、

大事なのは、住まい手の
物との付き合い方だと思っています。

片付け・収納問題は、今や、

物が余りだした日本にとって、
永遠の課題になりつつありますね。

なぜ永遠の課題かというと、

どう収めるかという、テクニック派が多く、
本質が解決されてないからです。

そもそも、

物との付き合い方を
変えないかぎり、

暮らし方って、
なかなか変わりません。

家を建てるときって、

普段悩みで抱えている、
物との付き合い方を
見直すいい機会なんですよね。

大量の物を抱えながら、
「この家、狭い」と言われたって、

「その前に物を減らせよ」と
言いたくなります(苦笑)

本当は、日常の中で、
解決できればいいのでしょうが、

なにぶん、学んできてないので、
出来ないものなのです。

こういうのって、暮らす上で
すごい大事なことなのに、
学校では教わらないんですよ。

ダンスよりも大事なこと
だと思うんですけどね(笑)

世界で通用する日本の片付け術が、
日本で浸透してないのも残念な話ですね・・・

⇒ http://dtoac.com/blog/20140807/9445

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem