自身の建築写真撮影レベルを上げるにはカメラマンと仲良くなればいい

写真の良さは、集客にとってかなり効果を左右します。

だから、「この建物を写真におさめておきたい!」「この暮らしぶりを写真におさめておきたい!」という場合、写真の価値をわかっている会社は、わざわざプロのカメラマンに撮影を依頼したりします。

とはいえ、カメラマンに依頼すると、それなり費用が掛かります。カメラマンにもよりますが、数万円の方もいれば、数十万数百万する方もいますね。

 

自分で撮ってみることも薦めています。

でも、もしその辺りの費用を抑えようとするなら、自分自身で撮影するのもありです。なぜなら、

以上の理由から、自分で撮ることも薦めています。

最近では、性能の良いカメラも手の届く範囲になってきていますし、また、設計の仕事に携わっているなら、写真撮影は自分でもした方がいいです。

井内が住宅の仕事をしてきて感じていることなのですが、写真のセンスが上がると、間違いなく、設計のセンスも上がります。そして、写真のセンスが身につけば、良いカメラマン・悪いカメラマンの見分けもつくようになります。

 

さらに、自身の建築写真撮影のレベルを上げるにはカメラマンと仲良くなればいい

自分で写真撮影をするようになると、向上心のある方なら、写真撮影のレベルをより上げたくなるんですよね。そんな時は、写真撮影のノウハウを学ぶことも大事ですが、優秀なカメラマンと仲良くなることも、すごく大事です。

井内も、この写真を撮る1年前ほど、優秀な建築カメラマンの写真撮影に何度か立会い、手伝いました。きっと影響していると思います。

井内が撮った写真はこちら ⇒ 初心者でもできる住宅カタログ表紙の写真撮影術

 

井内が写真撮影を共にした建築カメラマン

運がいいことに、これまで井内は会社員時代から優秀なカメラマンとばかり、仕事をさせてもらっています。こういったカメラマンの写真撮影に立ち会い、雑用などを手伝うことで、カメラマンが撮影時に何に気をつけているのかなど、感性的なことも多く学ばさせてもらいました。

大事なのは感性を盗むこと。お金を払って依頼しているのに、わざわざ手伝うなんて、馬鹿らしいと思ったら、間違いなく、あなたの撮影のレベルは上がることはないでしょう。

井内が学んだ方たちを下記に紹介しますね。

 

市川かおり 氏

ichi

市川さんは、建築家・芦澤竜一氏の奥さんでもあり、夫婦揃って、建築家・安藤忠雄氏のお弟子さんでもあります。

市川さんは、安藤さんが育てた建築カメラマンでもあります。昔、「事務所時代、何をしていたんですか?」と聞いたところ、「コルビジェ(安藤事務所で飼っている犬)の世話をしてた」と返事が返ってきたのにはびっくりしました(笑)事務所時代、犬の世話役や雑用をやっていたところ、ある日、安藤さんに「写真を撮ってみろ」と言われて、撮影するようになったようです。

井内自身、建築写真の撮影に初めて立ち会わせていただいたカメラマンでもあります。

 

鈴木研一 氏

suzuki

元新建築社の建築カメラマンで、今はフリーで活躍されています。建築家・西沢立衛氏の「豊島美術館 写真集」も鈴木さんの写真です。西沢さん以外にも有名建築家の写真を数々手掛けています。

建築物を撮らせたら、間違いなくトップクラスのカメラマンです。撮影の段取りや、構図、光の具合など、全て一人でこなすというプロ中のプロで、大判フィルムで撮影する数少ない建築カメラマンです。一時期、デジタルカメラを扱っていましたが、「写真の際が間延びするから」という理由から、大判フィルムに戻されてました。今も大判フィルムで撮影されているかと。

 

Mr.K

あまり詳しく書けないので、名前・写真は伏せておきます(笑)大手ハウスメーカーの写真も手がけるほどの方で、常に弟子が1~2人手伝うため、撮影時はあまり手伝えず・・・ずっと大判フィルムで撮影していましたが、途中でデジタルに切り替えられました。

当時の会社の上司がディレクション役で、Mr.K氏にあれこれ指示を出していました。Mr.K氏より、当時の上司のディレクションの方が勉強になりましたね(笑)撮影のため貴重品をインテリアとして飾った、基礎がブロック塀の撮影用モデルハウスにカギがなかったため、そこに前泊したりとか、鏡に写る余計な建物や電信柱などを隠すため、枝木を持って隠したり、撮影の邪魔だからといって枝木を切ったりと、結構ハードなことやってましたね。

 

青地大輔 氏

aochi

Blue Works PHOTO & DESIGN Office

人をメインにした暮らしの写真を撮らせたら抜群です。そこに暮らす人の魅力を惹きだす写真力は、ブライダル関係の写真を撮っていることも関係しているのかもしれませんが、運営されている犬島時間などの社会的活動も影響している気がします。

犬島時間は、アーティストと地元の住民とのコミュニティアートイベントです。ベネッセが瀬戸内国際芸術祭などで瀬戸内に目を付ける前から、始めている活動でもあります。その功績などが認められ、2013年福武文化奨励賞、平成25年度(第40回)岡山市文化奨励賞も受賞されています。

 

今後注目したい建築カメラマン

上記のカメラマンに並んで、今後注目したい建築カメラマンが彼です。

刀祢平 喬(とねひらたかし)

tone

1983年東京生まれ。東京造形大学映画専攻卒業。卒業制作映画Realfictionにて造形賞受賞。その後、建築関係の実務を経て、2013年3月より写真・映像事務所FOTONE設立。建築写真をメインに、街中のスナップをワークとしている。

01

撮影:刀祢平喬

写真だけではなく、映像も手掛けており、写真撮影では建築以外にも、某モデル3姉妹のイベント写真を撮影したり、某若手俳優が主演の映画のメイキング撮影なども手掛けています。

映像では、番組形式からインタビューまでかなりレベルが高いものを作り、「HABITA/TV」なども9割方、彼の制作ですし、こちらの会社の30分映像も彼による制作です。

写真と映像、両方をハイレベルにこなす建築カメラマンはなかなかいません。

 

刀祢平氏の写真展が開催されます。

その彼が、8月27日~9月1日の間、東京都杉並区西荻北3-18-10 2Fにあるtokiというギャラリーで、写真展を開催します。

10622279n 10617421n

刀祢平さんのコメントです。

8月27日より9月1日まで、短い期間ですが写真の展示やります。
場所は前回アナウンスした西荻tokiです。
会社員時代、調査のため訪れた被災地の写真を数点展示します。
(前職場には許可を頂きました。)

色々思う事あり、出会った方々の
「現状をより多くの方に伝えて欲しい」
という言葉が反芻され、今展示に至ります。

是非とも、お時間ありましたらお越し下さい。

もしお時間がある方は、刀祢平さんに会いに行ってみてはいかがでしょうか?きっと、いい出会いになると思いますよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem

1 個のコメント